K-POPについて

日本の音楽業界の中に、K-POPというジャンルがひとつできていますよね。
世間的には賛否両論かもしれませんが、僕は全然嫌いではなくて、むしろ好きなグループもいくつかあります。

確かに最近は似たようなグループばかりが輸入されていて、「なんやどれも同じやないか」的な感想を抱かずにはいられないところもあるのは事実です。

しかし僕はダンスボーカルグループ「BIGBANG」がイケイケなのでお気に入りです。

BIGBANG

今回この彼らを色々例に出したいと思います。

よくいわれるように、彼・彼女たちは韓国内で卓越したスキルを培った精鋭であり、完成されたパフォーマンスを武器にして日本に輸出されてきています。動画サイトなどで韓国でのライブや歌番組でのパフォーマンスを見ると、やはり歌・ダンス・ファッション、そしてカリスマ性を高いレベルで備えているのが感じられました。

日本での売り出し方

しかしながら、彼・彼女らの日本での活動を見ると「アレっ?」という感じが否めません。本領発揮できていないんじゃないのと思わせる何かがあるのです。

これはなぜか。
簡潔にいえば、輸入に伴う日本での売り出し方によって本来の魅力が削がれているから、であると思います。

つまり韓国のミュージシャン・音楽を日本で売り出すにあたっての工夫なのですが、これがどうにもまずいと感じるのです。

例えば、テレビのバラエティ番組に出まくったり等、もちろん有効な手段ではありますが、これは「ごり押し」と呼ばれるほどの域に達していたことで、日本の消費者にとってはちょっと鬱陶しいという逆効果を生んでしまいました。バラエティ番組に出まくるからには日本語を習得していないといけないわけで、その辺もなんだか不安定です。

「Japanese Ver.」の取り組み

そして僕が個人的に気になるのが「Japanese Ver.」と称した「日本語版歌詞」の取り組みです。

日本で活動するK-POPのミュージシャン達は、韓国での活動も並行して行っており、BIGBANGなど自ら作曲をするグループは、当然韓国語で歌詞を書くわけです。
でもせっかく作ったのでそれを日本でも売りたい。こうなると、「Japanese Ver.」という風に聞こえのいいような名前を付けて日本語の歌詞を付けるのです。

そしてそれは、概して翻訳ではなく、ストーリー性の薄い言葉の組み合わせになってしまっています。
BIGBANGを例にしていえば、韓国語の作詞はグループリーダーのG-DRAGONが行っていますが、日本語歌詞はまったくの他人が担っているんですね。これでは作詞作曲・振付等すべてセルフプロデュースしている彼らの作品もなんだか歌詞だけ違うピースをはめられたようでなんだかもったいないです。

これがなんだか違和感たっぷりのふんいきを醸し出しているのですね!

下の二つの動画は、BIGBANGの「FANTASTIC BABY」の二つのバージョンです。

実際に聞いてみても、日本語の方はなんだかなぁという感じです。発音的なところや意味があまり通っていない違和感などがあります。
この曲はまだましですが、聞いてられないほどヒドイものも多いですね。

その「どこかひっかかる感」を狙っているのかもしれませんが、、

私見として

僕が思うに、「日本で売るのだから日本語歌詞にする事はとっつきやすさという点で合理的である」というのは納得できます。
ただ、「無理やりに日本語歌詞を付けることは音楽作品としての価値を損なう場合が多々ある」ということを感じるのです。

ここで個人的に提言したいのは、日本で売る時に英語歌詞をつけたらどうかということです。なんという安直な考えでしょう!しかしきっと効果的です。
日本人はいわゆる「洋楽」も好きだし、英語の歌詞の曲もよく聴きます。そしてK-POPの人たちは英語も堪能で実際英語歌詞の曲も少なくありません。日本に輸入するときは韓国語歌詞の作詞者本人が改めて英語歌詞で書き、歌う。さあこれでいかがでしょうか皆さん!

歌詞というものはアーティストの音楽作品の重要な要素であることはまちがいない(歌詞がメッセージとしてメインとなっているものも多い)ので、プロダクションやレコード会社はそこにかなり気を遣わないといけないはずです。

アーティストが作品を通して発するメッセージが正しく伝わらなければ(そしてそれが利益を優先した結果であれば尚更のこと)、ファンは失望してしまいますよね。

商業音楽において、ファンをがっかりさせちゃうのは一番やっちゃいけないことだと思うので、そこだけ気を付けて外国での売り方を考えてほしいものです。

BoAは許します