iPhoneをもつようになって習慣化されたことがいくつかあります。 近ごろ流行りのいわゆるライフログというやつです。

これはスマートフォンの普及とともに流行してきたように感じます。

なんたってスマホはどこにでも持ち運ぶことができ、文字入力だけでなくカメラやマイク、GPSまで搭載しているので、物事を「記録」するにもってこいなのです。

そんなスマートフォンというモバイル万能デバイスを活用して、今まででいう「日記」に加えて、見たもの・聞いたもの・行った場所・食べたものまで何でも記録しちゃえというのがライフログですね。

これは確かにとっても有意義で、僕も2012年の始まりと共に日記と食べ物記録、さらにwebクリップを始めました。

僕がこれらに利用しているのはおなじみEvernoteです。
Evernote公式のiOSアプリで出かけ先とかでちゃちゃっとやっちゃって、家ではPCに入れているソフトで編集するという感じ。

まずは日記。
日記なんてこのブログでやれよって感じですが、世間に発信するものでもないし、本音の部分は自分だけに見える形が一番いいのです。
見聞きしたことや感じたことすべてを記録しようとは思っていなくて、象徴的な言葉を書くようにしています。のちに見返した時に、その時々の経験や考えを思い出させる引き金になるような言葉をつかって文章を組み立てます。

誰かに見せるわけでもないので、ぶんも多少崩れていても気にしません。こういった気楽さがあるから続けられるんだと思います。

つぎに食べ物記録です。
これはEvernote Foodというアプリがあるのでそれを使っています。
食事の記録・共有サービスは有名どころがいくつかありますが、ちょうどEvernoteを使い始めたところで、これも新しくリリースされたということで、ちょうどいいやとこれを選びました。
スクリーンショットはこんな感じ。

つけた記録は写真とともに整えられたフォーマットでEvernoteに送信されます。

最後にwebクリップについて。
ネット上で気になった記事や覚えておきたい記事は、はてなブックマーク→facebook・Twitterという感じで共有し、Evernoteに出先で読むように保存しておきます。
この保存にかなりイイのが、この(Google Chrome)アドオン!

 Clearly
 Send to Evernote

webクリップ用の公式アドオンもありますが、それだとページ丸ごとクリップしちゃって広告も入るし、すごい見づらくなります。あとで読むためにクリップするのに見づらければ意味がありません。

これらのアドオンは、1クリックで記事内容だけを抽出し、最適化してくれます。
いいのがあればすぐこれで保存するという習慣ができました。

すぐ飽きてしまいそうな不安を抱えながらも、これから続けていけるように、ブログでひけらかしておきました!