こんにちは!
今週はミステリー小説を読みました。

コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの冒険』

言わずと知れた名作推理小説にとうとう足を踏み入れました。小学生~中学生あたりに読んでおけばよかったと思える作品です。
この作品の面白さは私が語るまでもないですが、あえてひとつ言うならば、シャーロック・ホームズというキャラクターそのものの魅力であるとおもいます。博識さと観察眼を武器とし、事件解決に絶対的な自信がある彼には誰もが引き込まれてしまいます。それがまたホームズを尊敬してやまないワトスン君視点で描かれているからたまりません。
wikipediaの項目も充実しているので読む前に・読んだ後に目を通してみては!

ケン・ウェバー『5分間ミステリー』

これはあれですね、ショートショートくらいの長さのストーリーの中でなぞ解きをする感じの本です。
しかし正直これはさっぱりわかりませんでした; なんでしょう、雑学的知識が必要なんです。欧米の文化や歴史の知識がないと解けない問題が多く、(まあ推理に知識は必須であるということなんでしょうが)、ちょっと頭の体操にはなりにくいかなという作品でした。
でも続編がたくさんあるので、古本屋とかでみたら買ってみようかなという感じです。

なんか最近本とか映画とかの感想ブログになってますけどそんなつもりはなくて、今後もっと有意義なものにするので是非ブックマークを!