映画鑑賞といってもDVDですが、4本観ました。
TSUTAYAでは、準新作・旧作のDVDレンタルが4本1000円です。

ということでその4本を紹介!

「トランスフォーマー」

これはもう、ずーっとみたかったやつで、待ちに待った鑑賞でした。 トランスフォーマーシリーズのアニメを見たことがあったので、ハリウッドでどんな映画になるんだろうと楽しみにしていたのです。
一番の見どころはやはりトランスフォーム(変身・変形)するところでしょう!車や戦闘機から二足歩行型ロボット(いろんなパターンあり)へとガシャーン!と変形するシーンはもう鳥肌もの!ていうかもうそのシーンと戦闘シーンだけで満足。
それだけに、序盤からの人間同士のなんやかんやシーンはちょっといらないなと感じました。まあそういうのがないとストーリーに深みが出ないんやろうけど、、なんかもどかしい。

伝わりやすいよう予告編動画を!

「死霊のはらわた」

これもやばい!こわいのにひきこまれちゃう!
男女5人くらいで森の奥のペンションみたいなとこに泊まりにいっちゃいます。生きて帰れないのはこの時点で決定してしまったようなもんですが、主人公は頑張って怖いやつらと闘うんです。死霊をやっつけるには乗り移った体をバラバラにしないといけません;ぼくは何とも言えないこの作品の独特の雰囲気がすごく気に入ってしまいました。
原題は「Evil Dead」ですが、邦題は「死霊のはらわた」。ナイスセンス
ちなみに監督はスパイダーマンシリーズのサム・ライミ氏です。

トレイラーはこちらから。怖いから注意!→http://www.youtube.com/watch?v=u8Bi9mGv1J8

「第9地区」

これはCMかなんかを見て興味があったやつで、監督もぼくが大好きな「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン氏ということもあり見るっきゃない!といきこんで観ました。
ある日やってきたエイリアンたちが隔離された地区でなんやかんやというお話ですが、設定が結構リアルでよかったです。隔離地区の周りで住民のデモが起きたり、エイリアンと闇取引とかしだすマフィアっぽいやつがいたり、実際に起きそうでわくわくできました。

これも予告編を!

「キサラギ」

特にみたかったわけではなかったですが、成り行きで借りちゃった☆
密室で繰り広げられるミステリーで、バリバリのSFやアクションが好きな自分には退屈かなと思いましたが、いわゆる個性派俳優が笑いありシリアスありでしゃべくる感じが結構楽しめました。出演は小栗旬、ユースケ・サンタマリア、香川照之、小出恵介、塚地武雅の5人です。こういう作品で活き活きと映る俳優こそ本物の演技力があるんだろうなと思いました。

予告編はコチラ→http://www.youtube.com/watch?v=_L5m6VhiQu4

今回記事を書きながら思ったのは、「この世で最もワクワクするものは映画の予告編だ」ということです。